神戸市垂水区 内科・小児科・消化器科 洪南クリニック

役に立つ医学コーナー

がんの検診>オーバーダイアグノーシス・バイアス(over diagnosis bias)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14

検診では、進行がんやがん死にいたらないがんを多く発見する可能性があり、このため検診群の生存率は高く計算され得る。たとえば、部検(死因を調べるための解剖)の結果からも、その人の死亡原因にならないような潜在がんが見つかることがよくあるが、検診ではこういったがんも見つけてしまうことがある。

この場合も、検診で発見されたがん患者の生存率は当然高くなる(がん死に至らないがん患者が混入しているため)が、検診受診群全体としての死亡率には影響を与えない。

以上みてきたように、検診群の生存率が非検診群や外来発見群のそれより高いからといって、必ずしも検診の効果とはいえない。がん検診の目的はがん死亡を減少させることであるので、その有効性を証明するには、検診群と非検診群との間で死亡率を比較することが必要である。


Copyright (c)kohnann-clinic.com. All rights reserved.